Upcoming Events

日本通訳フォーラム2018 8月25日(土)

2011年7月20日

笑える音声認識ソフト


翻訳業界でもDragon Naturally Speakingをはじめとする音声入力ソフトが徐々に人気を集めていますが、今回はその音声入力(認識)の精度の話です。豪ブリスベーン・タイムス紙の記事 Lost in translation: voice-to-text confounds users によると、用意された映像作品等の音声を機械に自動認識させたところ、かなり笑える結果になったとのこと。例えば・・・

Tom Hanks' Forrest Gump was a little confounded without anyone else's help, but voice-to-text's version of his well-worn line takes it to a whole new level.

Gump: “My mama always said life was like a box of chocolates. You never know what you're gonna get.”

Translation: “Oh mama it's dad last we'd like a box of chocolate you never know what you doing again.”

In Star Wars, Han Solo's comment, “Hey Luke, may the force be with you”, would have carried a little less weight if converted to text: “Hey Lou, we're working with you.”

プロの翻訳者が使う場合は高性能のマイクを使ったり、ソフトにユーザの声の特徴を覚えさせて認識の精度を上げたりすることで、かなり使えるレベルを達成できていると聞いています。ただ全てを機械に頼るのはまだ難しいですね。

0 件のコメント: