Upcoming Events

2017年8月26日 日本通訳フォーラム2017

2016年10月17日

東京外国語大学のイベント

東京外国語大学の鶴田知佳子教授にお誘いを受けて、金曜日に開催されたイベントに参加してきました。

午後4時からは同時通訳付き講演会「洋の東西往ったり来たり」に滑り込み参加。実は今回は通訳を“雇う側”の意見も聞きたかったので、元通訳コーディネーターの友人も誘って潜り込みました。

当たり前ですが、スキルに個人差はあります。すらすら訳出する人もいれば、すぐに息切れして言葉が続かない人もいる。5分交代でまわしていたようですが、やはりまだ経験不足というか同時通訳に必要な脳筋力(集中力)が鍛えられていない人が多かった。

ただ、「現場経験がない学生だからなあ」なんて最初は甘くみてましたが、実際に聴いてみるとそれなりにまとめてくる学生もいて、とても流暢な英語を喋る学生もいたので驚きました。国内の日英通訳市場で活動している通訳者できれいな英語を喋る人は意外に少ないので、この点でもう得していると思います。6人中2人はあと1年みっちり修行すれば現場に出られるレベルになるかな?というのが個人的な感想です。

訳がなかなか出なかった通訳者もいましたが、これは誰もが通る道なのでとにかく耐えて、そしてもっと勉強して経験を積んでくださいとしか言いようがない。私の場合は独学でしたが、これは当時私がおかれていた状況では他に手段がなかったからであって、本来であれば大学院や専門学校で勉強したかった。その意味では、外語大の学生は素晴らしい環境で学んでいるわけですから、めげずに前を向いて歩み続けてほしいです。

さて、講演後はすぐに別室のリオスタディーツアー報告会へ。日本人が活躍しなかった競技を担当した学生はあまり通訳ができなかったようですが、とても充実した日々を過ごしたようでした。時には深夜まで対応した方もいたとのこと。お疲れ様です!

このスタディツアーに関しては、一時はネットでかなり叩かれていたので通翻業界で仕事をしている人であれば覚えていると思います。

東京外語大が学生ボランティアをリオオリンピックに派遣 ネット上で「待遇が悪すぎる」と批判の声

リオ五輪自腹30万学生通訳ボランティアに疑問の声
 
この件については私は当初からツアー賛成派でしたが、ネットでは業界人も含めて反対派が圧倒的多数のような雰囲気だったのでずっと静観してきました。なにか言ってもどうせ「黙れこのブラック企業の手下め!」みたいな感じで片付けられてしまうのがネットですからね。まあでもせっかくこの報告会に参加したので、私の意見もはっきりさせておきましょうか。

五輪は世界中から人々が集まる、そして世界中の人々が注目するスポーツの祭典です。普通に暮らしていたら五輪で通訳することなんて一生ない。プロの通訳者だって五輪を経験した人は少ない(実力はもちろんだけど、運の要素も結構ある)。もし私の子供が通訳を目指していて、そんな貴重な機会がめぐってきたら、自腹で30万どころか100万払ってでも体験させていたと思います。それだけの価値があると思うし、若い頃にしか学べないことがあるから。批判者の多くは「通訳者を目指す学生の目線」が欠落していたと私は思うのです。私が学生の頃にこのような機会があったらたぶん親のカネを盗んでせっせとダブルシフトでバイトして稼いで申し込んでいたことでしょう。

きちんとすべての条件が事前に開示されて、ボランティア側がその条件に納得するのであれば私はなんの文句もありませんし、誰もつべこべ言う筋合いはないと思います。「こういうことがあるからプロ通訳の報酬が下がる~」「リスペクトが得られない~」なんて言ってる業界人もいますが、そもそも五輪は継続案件ではないし、学生はプロの通訳者ではないので、この比較は意味がない。それにこの世界は基本的には実力勝負なので、報酬が下がるのはビジネススキルも含めてその人の実力がないからだと私は思います。

あと、参考までにこれを。

曽我さん帰国チャーター便、日航と全日空が1円入札 -2004/07/17

プロだってカネがすべてとは限りません。ビジネス戦略は色々あります。日航と全日空が宣伝効果を見込んで1円で入札したように、プロ通訳者もたとえば戦略的に五輪を無料または格安でうけて、それで実績表に箔をつけて他の案件で稼ぐ、というやり方もあるのです。「先行投資」ですね。ツアー批判者はこのあたりのエコノミクスを理解していない印象です(独禁法違反じゃないか、というツッコミが飛んできそうですが、その話を始めると長くなるので機会があればまた書きます)。

2016年10月2日

【日本通訳フォーラム】イベントレポートが公開されました

【イベントレポート】日本通訳フォーラム2016

日本通訳フォーラムの後援もして頂いたイカロス出版株式会社さんが、同社が運営する通訳翻訳WEBでイベントレポートをまとめてくれました。これはありがたい&ファンタスティック!編集部の渡邉絵里子さんと松山悠達さんに感謝です。

今年のフォーラムは昨年に続き、本当にメンバーに恵まれました。昨年のフォーラムを経験した園木美緒さんと大竹純子さんは準備プロセスを通してベテランの力を発揮してくれましたし、協会理事の白倉淳一さん、岩瀬かずみさん、佐藤由香さんもしっかりと脇を固めてくれました。講演者リクルートで大活躍の高畑誠一さん、イベント当日は機敏な動きでみんなをアシストしてくれた小野陽子さん、大阪から駆け付けた神山真紀子さん、北海道(!)から参戦の木島里奈さん、多くの来場者に素晴らしいMCを評価された佐藤梓さん、そして知る人ぞ知る中国語通訳者の橋本佳奈さんの貢献も大きかった。これぞ全員野球ですね。来年もほぼ同じメンバーで臨むことになりそうなので安心です。

来場者数は初年度は100名ちょい、今年は152人でした。絶対にニーズはあると前から思っていましたが、こうして具体的な数として証明できて嬉しいです。このイベントはリーンスタートアップ的な手法で運営している(と僕が勝手に思い込んでいる)ので、参加者から見たら至らない点が結構あると思うのですが、最終的な責任はすべて私にあります。私を嫌いになっても、日本通訳フォーラムを嫌いにならな……あれ、どこかで聞いたな。

日本会議通訳者協会は通訳者による通訳者のための団体です。真面目なことは真面目にやる。遊ぶところはしっかり遊ぶ。やれることはやるし、やれないことはやらない。なんだか角栄っぽいですが、結局はこれです。今後も価値あるイベントやコンテンツ、そして他の様々な社会活動を通して、通訳者の心を一つにし、業界の発展に寄与したいと思います。よろしくです!

ちなみに当日のセッション動画はすべて会員限定で公開されています。入会はこちらから!

2016年7月1日

日本通訳フォーラム2016

通訳者による通訳者のためのイベント、日本通訳フォーラム。今年もやります!

日本通訳フォーラム2016

今年も超豪華ゲストでお届けします(セッション8は現在調整中)。昨年は完売しましたので、興味がある方はお早目にチケット購入を!

■セッション1

原不二子 (会議通訳者、株式会社ディプロマット代表取締役社長)
「通訳市場の過去、現在、未来

■セッション1

平澤ボビー (株式会社アイ・エス・エス専属通訳者、IR専業)
「IR通訳者として成功するには」


■セッション2

マクウィリアムス・フリィ&中村いづみ (会議通訳者)
「同時通訳者のホンネ ~十人十色」


■セッション3

柴原智幸 (神田外語大学専任講師、放送通訳者)
「何を引いて何を足すか~積極的にコミュニケーションに介入する放送通訳とは」


■セッション4

リゼ・ウィリアム (デポジション通訳者)
「デポジション通訳~エニグマに潜む謎に包まれる難題」


■セッション5

佐藤秀典(ラグビー日本代表通訳者)
「文化差の架け橋~ラグビー日本代表の通訳として~」


■セッション6

池田尽(会議通訳者)
「同時通訳という練習法」


■セッション7

北山ユリ(会議通訳者)
「医学通訳の連想ゲーム」

2016年1月24日

ガジェットおまけ

昨年12月の通訳ガジェットイベントのまとめがJACI会員限定で閲覧可能になっています。とても便利なガジェット、アプリ、ライフハックが並んでいます(そのうちの一つには、私も助けられました)。

で、これに加えて私が使っているものもいくつか紹介しようかなと。特に順序に意味はないです。

1.SkyScanner

大手航空会社、LCC、旅行代理店の格安航空券や、ホテル、レンタカーをSkyscannerで簡単に検索比較。」と説明にありますが、私は主に航空券の串刺し検索に使っています。海外出張の場合、自分でチケットを手配してくださいと言うエージェントもたまにあるので、そういうときに便利。旅行時間まで細かく設定できるのが個人的には好き。

こちらにアプリ版もあり。

2.楽天証券アプリ

別に楽天証券である必要はないのですが(私がたまたまここで口座を持っているだけ)、証券会社で口座を開いてアプリを入れておくとなにかと便利です。というのは、派遣される会社の概要(四季報)や最新情報を手元で確認できますし、PC版だと日経新聞(日経テレコン21)が無料で読めます。口座開設には、特に投資をする必要はありません。

3. NewsPicks

もう新聞をとっていない私が毎日読んでいるのがNewsPicks有料版(新聞はランチの定食屋やホテルで読む。出張が多い仕事なので)。これにYahooニュースとThe New York Times有料版をプラス。

NewsPicksは移動中にスマホで読むのがいつものパターン。オリジナルコンテンツがとても充実しており、普段は課金にケチな私も満足するサービスレベル。

4.Interplex HD

用語集管理システム。 日本ではマイナーな存在ですが、欧米では使っている人が結構いる印象。エクセルで用語集を作成してドロップボックスに放り込んでおけば、自動で同期してタブレットで使える。

5.PLANEX MZK-UE150N

ホテル用の無線LANルーター。今でも田舎にいくとまだ無線LANがないホテルがあるのです。

6.iPad用充電器

iPhoneの充電用に持ち歩いてます。とにかく速い。参考記事

7.i英辞郎

公式と違ってオフラインでも使用できるのが大きい。ロード時間も短い。というか、iPhoneを使い始めてからこれしか使ってません。

8.Karimor Airport Pro 70

常に世界中を飛び回っている高城剛が使っていると読んで、試しに買ってみたらこれがイイ。私は機内持ち込み可能なサイズ、重量、そして耐久性を見て選ぶのですが(むしろそれしか見てない)、このバッグにはとても満足しています。

この他にもいくつかあるのですが、まあ本当に便利なモノは秘密ということで! 笑

2016年1月16日

通訳者のメンタルトレーニング


新連載が開始しました。

仕事の準備は心から~通訳者のメンタルトレーニング

私は通訳を一種のメンタルスポーツとして考えていますが、これを前提とした場合、最高のパフォーマンスをするためにはメンタルの状態をどう仕上げたらよいのだろう、という素朴な問いからスタートします。

初回の記事にも書きましたが、私は決してメンタルが強い人間ではありませんでした。その私がなにをどう意識して変わったきたかを具体的に紹介していくつもりです。

ちなみに最後のオススメ絵画コーナーは著者の特権です。特に意味はないけど(笑)、まあ鑑賞して楽しんでください!ははは。

2016年1月12日

超久々の更新。

気付いたら昨年の7月6日から更新してませんでした。今までで一番怠けたかもしれません。書くネタは結構あったし、書きたいなと思ってはいたのですが、なにせ私は優先順位が高い案件から順に処理していくタイプなので(当たり前か)、趣味の延長みたいなこのブログはどうしても後回しになってしまい。今年は頑張るぞ、と。うん。

とりあえず昨年の報告と今年の展望を。

1.日本会議通訳者協会を立ち上げました。 ビジョンを共有していて仕事もできる仲間がいるので、とにかく動きが速い、速い。ベンチャー企業ってこんな感じなんだよなと。今年も年明けから素敵なイベントが目白押しです。

上部のUpcoming Eventsにもありますが、1月は通訳者・翻訳者向けの税金イベント、社内通訳者に対象を絞ったサロン(こちらは満員になりました!)、2月は警察通訳人を著した清水真さんの講演とJACI初の通訳ワークショップ、そして3月はサイマル・インターナショナル専属通訳者で『田舎少年が挑んだ会議通訳者への道』を著した倉澤良仁さんの講演会と、本当にお祭りワッショイな感じです。このペースでいったらふんどし姿の高田延彦がでてきそう。ウソです。

ちなみに昨年の初開催が大成功した日本通訳フォーラムですが、今年はさらにパワーアップして帰ってきます。水面下でいろいろ動いていますが、近日中にビッグニュースをお知らせできると思います。

あ、アルク社のサイトで「現役通訳者のリレー・コラム」 に執筆協力してます。おもしろい!

2.今年から、というか今年だけかもしれないけれど、名古屋外大で通訳コースを担当することになりました。臨時講師、短期集中コースです。個人レベルでは今もたびたび教えているのですが、きちんとした教育機関で教えるのは5年ぶりでしょうか。今時の若者は厳しいとすぐにへこんでしまうらしいので、時代に合わせて褒め殺し、アゲアゲ(死語)な感じでいきたいと思います。

それにしても名古屋外大、ちゃんと私の身元確認したんだろうか。指名手配されてるかもよ?NHKの受信料払ってるかわからんよ?というか私の大学時代のGPA知ってるのか・・・

3. 個人としての活動も、まあぼちぼちいい感じで。昨年3月からアルク社のEnglish Journalで『ブースの中の懲りない面々~通訳の現場から』という通訳に関する連載を持たせてもらってます。おかげさまで好評らしく、2年目の契約もゲットしました。これで私も富裕層1%に一歩近づきました。一応、少年ジャンプ的に毎月、コンテンツの読者ランキングがあるのですが、最近の報告では以下のような感じ。

■読者はがき 読み物記事「面白かった」ランキング
4月号~7月号 2位
8月号 1位
9月号 3位
10月号~11月号 1位

ずっと「オレゴン12ヵ月」に勝てなかったので、初めて1位をゲットしたときは素直に嬉しかったです。ジャンプの漫画家の気持ちがなんとなくわかりました。 やはり良いものを書き続けて、1位をキープしたいですね。オールカラーの「オレゴン」には美しさでは勝てないので、意表を突いたコンテンツで勝負するしかありません。毎号桶狭間的な感じです。でも下ネタを入れたら即ボツ食らったけど。編集部、もっとフリーダムにいこうよ!世界を変えようと思うやつだけが世界を変えられるんだよ!

ちなみにこの素敵なタイトル『ブースの中の懲りない面々~通訳の現場から』 は某広島の某通訳者、某宮原氏が付けてくれました。ナイショですよ。どうせ誰かわからないだろうけど。

4.今年から新連載も始まります。イカロス社の通訳翻訳WEBで、通訳者向けのメンタルトレーニングについて書きます。全11回か12回あたりで。すでに翻訳サイドでは村瀬さんの連載が始まっているようです。越後湯沢のリゾートマンション、10万円から買えるんですよね・・・

ちなみにリニューアルする前の通訳翻訳WEBに掲載されていたロザンのノートテイキングに関するコンテンツですが、新サイトには引き継がれなかったようです。編集長の許可を得たので、加筆して夏前にはどこかで再発表したいと思います。Any takers? あ、電子書籍版も出すかも。

5.個人的なプロジェクトとして、1年近く温めてきた米国反トラスト法関連の通訳に関するコンテンツをどこかでまとめて書きたい。あと、版権をもってるWhite House Interpreterの翻訳もいいかげん終わらせたいです。出版期限がない契約なので、ダラダラしちゃうんですよね。いや、でも今年は絶対にやりますよ。次に訳したい本も決まっているので、早く今のを終わらせて版権交渉に入りたいです。

6.地味に弟子を2人とっていたのですが、1人は大手製薬会社のインハウス翻訳者として就職が決まり、もう一人はなんとGoogleに採用されました。なぜかみんなビッグになっていって、教えた私は一人取り残される。ぐぬうう・・・・・・

7.どうでもいい話ですが、エリック・サティの音楽が頭から離れません。あ、でもベッキー騒動でどさくさに紛れてゲスの極み乙女。のファンになりました。音楽はいいですよ。音楽に罪はないです。

8.つい二日前の日曜日、おそらく私の人生のターニングポイントになる出来事がありました。おそらくというか、私はそう確信しているのですが。直観を信じて、まっすぐに。

みなさん、今年もよろしく!

安心してください、怠けてますよ。

関根マイク