Upcoming Events

日本通訳フォーラム2018 8月25日(土)

2010年1月25日

長時間座りっぱなしだと病気にかかりやすい…知ってるよ(笑)

いまさらな感じもするが、米国心臓協会が「長時間座りっぱなしだと病気にかかりやすい」という研究結果を発表した。
米国心臓協会(American Heart Association)の雑誌『Circulation』(2010年1月19日号)では、テレビやPCの前に長時間座り込んでいる人は、筋肉が活動しない状態が続き、これが健康を害すると述べています。

スウェーデンのある研究データでも、一日中座り込んでいると病気のリスクが高まることが明らかになっており、1時間テレビを観ると心臓血管系の病気で死亡するリスクが18%、ガンで亡くなるリスクが9%も高くなるとか。テレビと心臓血管系の病気との間には肥満も関係しているようです。

まあ私は最近、ニュースやドキュメンタリー以外はほとんどテレビを観なくなったのだが、結局はUstreamやTwitterで費やす時間が増えたので、+/-はゼロ、いや、前よりひどくなったかもしれない。けれど多くの翻訳者を悩ませる腱鞘炎とか腰痛とかは全く縁がない。やはり通訳で現場に出て動いてる時間が多いし、作業場でも結構頻繁に体を伸ばしたり、柔軟体操をしている事が多いからかもしれない(といっても特に健康を意識しているわけではなく、単にサボりたいだけ)。でもさすがに年齢を重ねていくと故障も増えてくるだろうから、これからはもっと意識して動かなければと思っている。