Upcoming Events

日本通訳フォーラム2018 8月25日(土)

2012年12月17日

出版社の武田ランダムハウスが破産

アインシュタイン伝記の機械翻訳事件で話題になった武田ランダムハウスが破産です。やはりあの事件の影響が大きすぎた感がありますね。
出版社の武田ランダムハウスが破産、負債総額9億3千万円

 出版社の武田ランダムハウスジャパン(東京都千代田区)が東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたことが17日、分かった。東京商工リサーチによると、決定は12日付で、負債総額は9億2600万円。

 米国の出版社ランダムハウスと講談社が平成15年、対等出資の合弁会社、ランダムハウス講談社を設立。しかし、22年に合弁を解消し武田ランダムハウスジャパンに社名変更した。

 合弁解消以降は大きなヒットに恵まれなかったほか、昨年8月には物理学者アインシュタインの伝記を翻訳した本の中で、コンピューターの自動翻訳をそのまま掲載したような記述が多数見つかり、回収騒ぎになっていた。
主な誤訳はこちらにまとめられています。

アインシュタインの伝記のひどすぎる誤訳

アマゾンのレビュー欄には今も訳者の事情説明が。

訳者からの事情のご説明

で、こちらはネットで公開されている機械翻訳部分のコピーです。 参考までに。

第13章 さまよえるシオニスト

みなさん、機械翻訳のご利用は計画的に!(アコム風)

0 件のコメント: