Upcoming Events

日本通訳フォーラム2018 8月25日(土)

2012年1月18日

SOPAに抗議、Wikipediaが24時間サービス停止。

なぜか日本のメディアには直前までガン無視されたSOPAの一件ですが、法案の議会投票が近づいてきたこともあり、ウェブ業界の「巨人」的サービスが次々と抗議活動と開始しています。トップバッターは、翻訳者であれば誰でも一度は(というか、かなり頻繁に)お世話になっているウィキペディア。日本時間の本日午後2時から24時間、サービスを停止しています。

Wikipediaが1月18日にサービスを停止、SOPAへの抗議行動

米国では現在、オンラインにおける著作権侵害行為を防止する法案として上院で「Protect Intellectual Property Act(PIPA)」、下院で「Stop Online Piracy Act(SOPA)」が審議されており、映画業界などはこれら法案を歓迎している。しかし、米Googleや米Facebook、米Twitter、米Yahoo!をはじめとするネット関連企業や、米電子フロンティア財団(EFF)などは、国外サイトによるオンライン海賊行為を防止するという主要目的は理解しながらも、国内インターネットおよび技術企業に制約を与える内容だとして異議を唱えている。米ホワイトハウスも同様の懸念を示す声明を1月14日に発表した(関連記事:ホワイトハウス、オンライン海賊行為防止法案の不支持を表明)。

 反対派が特に問題視しているのは、DNS(ドメイン名システム)に手を加えてコンテンツを振り分ける手法をSOPAで提案していることで、ホワイトハウスは「サイバーセキュリティを真のリスクにさらし、一方で不正商品やサービスをアクセス可能な状態に放置する危険性がある」と指摘している。

ブラックアウトのあいだ、翻訳者はどうすればいいのか。実は色々と代替サービスがあります。例えばNew World Encyclopediaが一つ。いや、そもそもWikipediaのデータはGoogleにインデックスされているので、ページ自体がアクセス不可でも「キャッシュ」をクリックすれば情報は閲覧できるのですがね、はい。

Lifehackerでもいくつかのヒントを紹介しています。ぜひご覧あれ。

0 件のコメント: