Upcoming Events

日本通訳フォーラム2018 8月25日(土)

2012年1月28日

翻訳と通訳は同じか?米最高裁で決戦!

いま司法通訳界で最もアツいトピックといえば、間違いなくタニグチvsカン・パシフィック・サイパン(KPS)です。こちらから高裁判決の完全版が読めますが、まあ時間がないサラリーマン向けにまとめると以下のような感じです。

プロ野球選手であるタニグチはKPSが所有する物件を見て回っていた時に、ウッドデッキを突き破って下に落ちる。当初は本人いわく「大丈夫、治療は必要ない」

2週間後。タニグチはKPSに対して、「実はあの事故が原因で靭帯を断裂し、治療費がかかった上に選手契約を解除されて収入を失ったので、補償金をください」

タニグチは訴訟を起こすが、色々あった後に地裁はKPSの主張を支持。判決で「契約書や他の文書の日英翻訳コストはタニグチが負担する(costs of translating contracts and other documents from Japanese to English)」とした。

この部分についてタニグチが控訴

高裁は地裁の判決を支持

タニグチが最高裁に上告←イマココ

実は地裁及び高裁が支払いの根拠としているのは連邦裁判所通訳人法で、これには「負けた側は通訳者の費用を負担する」と書かれているのです。本件の争点はこれを翻訳(translation)の費用にも適用できるか否か、ということです。

二つが全く別の職能を要する仕事なのは翻訳・通訳を仕事にする方には明らかだと思いますが、どうやら裁判所はそこまで厳密な区別をしていないようであり(日本の状況はもっと酷いのですが、それはまた後日)、このままtranslator/interpreter又はtranslation/interpretationを同一として扱われると色々めんどくさいことになるので、ついに全米最大の司法通訳団体であるNAJITが意見書を提出しました。この意見書もこちらの完全版を読むことができますが、家事で忙しい主婦の皆様のために要点をまとめるとこんな感じになります。

1.翻訳(翻訳者)と通訳(通訳者)は全くの別物、これ業界では常識。勘違いしないでね。
2.行政・立法・司法の三者はこれまでずっと二つを別物として扱ってきた実績があるよね。
3.翻訳費用は通訳費用と比較してかなり高いし、価格の算出も扱いも難しい。(二つを一緒にしたら裁判所の費用負担が増えるけどいいの?)

で、現在の状況です。2月21日に最高裁で開戦ですね。

Supreme Court to Hold Hearing on Interpreting Services Compensation

On February 21, the U.S. Supreme Court will hear a case questioning whether the cost of translating written documents can be considered compensation for interpreters. U.S. law allows for "compensation of interpreters" to be charged as a reimbursable expense in a federal lawsuit. The current litigation stems from a suit brought by Kouichi Taniguchi, a former Japanese professional baseball player. Taniguchi sued Kan Pacific Saipan Ltd., owner of Marianas Resort and Spa, for negligence because he sustained injuries when the hotel's wooden deck collapsed underneath him. The court ruled against Taniguchi and ordered him to pay for the costs of Kan Pacific's defense. In its request for reimbursement, Kan Pacific listed translation costs as "compensation of interpreters." Taniguchi appealed the judgment and asserted that translation costs cannot be considered "compensation of interpreters." Taniguchi's appeal stated, "That word does not extend to one who translates written documents." Kan Pacific's legal counsel countered that the ordinary meaning of "interpreters" includes those who translate, and there is no indication that Congress intended anything other than the ordinary meaning. The U.S. Court of Appeals for the Ninth Circuit rejected Taniguchi's appeal, noting that the word “interpreter” can reasonably include a “translator.” Attorney Mark K. Stancil says the Ninth Circuit Court misconstrued the meaning of "interpreters" as used in the U.S. statute. "At its most basic level, the distinction between interpreters and translators is simple: Interpreters speak, while translators write." Dallas lawyer Scott T. Williams agrees with Stancil. Because the statute does not define the term "interpreters," Williams believes the U.S. Supreme Court will look to how the word is commonly used in the language services industry.

From "US High Court to Hold First Full Hearing on CNMI Case"
Saipan Tribune (Northern Mariana Islands) (01/03/12) de la Torre, Ferdie

これまで法律の定義としてtranslatorとinterpreterは厳密に区別されていなかったのですが、このケースがその動きを後押しすることになるかもしれません。

0 件のコメント: