Upcoming Events

日本通訳フォーラム2018 8月25日(土)

2012年3月31日

【英国発】法廷通訳人のボイコットで開廷できませんの巻

先日の大阪シンポでもチラっと話したのですが、とりあえずはこちらの記事を。

Court chaos follows interpreter change

そろそろ歯医者の時間だから読んでる暇はありません、という方に向けて経過をまとめると・・・

従来、イギリスとウェールズではNational Register(全国登録制度)に登録していた法廷通訳人を採用していた。

政府は法廷通訳業務をApplied Language Solutions (ALS)に外注。
ALS「年間6000万ポンドかかっていた通訳費を3分の一カットできます。してみせます!」

登録者2300人の6割がボイコット
「ふざけんじゃねーよ、そんな理不尽な報酬カットのめるはずねーだろ」

2月にALSのサービスが開始してから各地の裁判所で以下のようなことが。
①開廷しても通訳人がいないので何もできずに閉廷(公判延期)
②なぜか指定言語とは違う言語を喋る通訳人が来たものの何もできずに閉廷
③通訳人は来たものの、技能的に難があるため誤訳連発

政府「こりゃダメだ。とりあえず各裁判所は独自の裁量で通訳人を手配してください」
ALS「新サービスへの移行期にトラブルは付き物です。大丈夫だからもう少しご辛抱を!」
通訳人「ALSざまあwww」←イマココ

どれくらいの報酬カットかというと、従来はまず85ポンドの保証があり、3時間を超えた分は15分ごとに一定レートで追加報酬が支払われていました。これに交通費と諸経費分も支払われていました。ALSの新基準では交通費・諸経費無し、85ポンドの保証金も廃止、完全時給制にして通訳人の技能や資格に応じて一定レートを支払うとしています(16、20、22ポンドの3段階)。

最高額の22ポンドでも時給2800円程度。従来のレートも比較的低いのに、この新レートはどう考えてもプロレベルの通訳者が受け入れられるようなものではありません。集団ボイコットは当然の流れでしょう。

で、裁判所はどれくらいひどいことになってるの?

Manchester Crown Court Judge Martin Steiger QC slammed ALS as ‘very unsatisfying’ – hitting out after the sentencing of a sex offender from India was postponed twice when interpreters for the agency failed to turn up. He was so outraged he said he had considered putting the firm in the dock for contempt.

Judge Steiger said there had been no way to contact the interpreters who failed to attend the two previous hearings and ALS had not been able to explain their absence. The sentencing went ahead on the third attempt, when an interpreter attended.

A trial at Leeds Crown Court had to be called off and rescheduled because no one was available to translate for the Czech defendant, with the judge slamming the cost of rescheduling the case.

Solicitor Robert Moussalli, a lawyer with 20 years' experience from Manchester firm Burton Copeland, said he was ‘unimpressed’ by some of the replacement interpreters sent by the agency. ALS denies sending untrained agents to court – and says all its translators undergo rigorous tests.

Justice minister Crispin Blunt told MPs last week there were ‘unacceptable delays’ with the contract.

裁判官にもストレートに批判されたALSですが、社長は楽観的です。

Boss of court translation firm Applied Language Solutions hits back after judges blast service

弁護士のJohn Storerはこんな批判記事も書いてます。

Language Problem: The controversy over the court interpreters contract

ここぞとばかりに法廷通訳人の仕事ぶりなどがメディアでも取り上げられています。

Violent clients, traumatised victims, late payment - the life of a court interpreter

そしてこのALSですが、実はロンドン五輪の翻訳・通訳業務について独占契約を獲得しているのです。国の威信をかけてオリンピックにこんな会社を使っていいのかね・・・

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

どこでもコストは一番優先なんでしょうね